いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは

語学教育においてTOEICのスコアアップがもたらす意味

最近、グローバル化が叫ばれている中で、企業でも語学教育を行うことも多いかと思います。
そして、その成果の指標としてTOEICスコアを目安にしている企業も多いかと思います。

しかし、私はTOEICというものが嫌いでした。
というのも、語学力というのは、やはり話してナンボのところがあり、たとえTOEICのスコアがそれほど高くなくても、英語がそれほど上手じゃなくてもネイティブの人とコミュニケーションする力があればそれでいいと強く思っていたからです。
それは今でも基本的には変わりません。それゆえ、企業で語学力強化を担当していた時は、TOEICを意識することなく、会話練習に力を入れたカリキュラムを提供していた時もありました。

しかし、最近では少しこの考え方も変化してきました。
やはり英語力強化を考える上ではTOEICもとても有効な動機となりえるのです。
例えば、スコアが200-300点の人がTOEIC対策の勉強を行って、400点代にスコアアップしたとします。
この100-150点アップが本人にもたらす自信というのは結構大きいと思うのです。
たとえ、400点代で、実際のコミュニケーション力がまだまだであったとしても、少し練習すれば伸びる、そういう土台を築いたことにはなると思うのです。
TOEICのスコアアップがもたらす自信というのは、それまで英語が話せなかった人が、自分の持っている知識を総動員して何とかコミュニケーションをとることができた時と同じだと思います。
TOEICを上手く活用していきたいですね。


Copyright(c) 2017 いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは All Rights Reserved.