いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは

TOEICスコアアップには語学力だけが必要ではありません

現在、日本の製造メーカーはアジア諸国に工場を持ち、共通語として英語を使っている場合があります。
また、英語力の目安として、TOEICを採用しているところが、多いのではないでしょうか。
昇進にもスコアが影響すると聞きます。
ところで、TOEICで語学力が本当に測定できるのでしょうか。
出来るともいえるし、出来ないともいえるのではと考えられます。
まず、問題の傾向は、その都度大きく変えているわけではないようです。
その証拠に、公式問題集が発売されています。
問題傾向を大きく変えるのであれば、公式問題集は役に立たないことになってしまいます。
であれば、語学力を上げることを意識しなくても、公式問題集を繰り返し解いて、慣れてしまえばよいことになります。


さらに、書店に行けばTOEIC頻出語に関する、書籍がたくさん並んでいます。
英語を教える人たちや、一部のTOEICマニアに研究されているので、思い悩まずに、TOEIC頻出語の書籍を購入して、問題集と合わせ勉強すればよいのです。
ここまでに、書いたことでTOEICのスコアが上がったら、語学力と言うより、TOEIC力ですね。当然、会話など出来るようになりません。TOEICに関する読み書きしかしていないのですから。何語でも語学力を上げる為には、実際に使って覚える必要があるのでは無いかと思います。
TOEICを評価の対象としている企業の人たちは、きっと、テスト勉強力が高くなるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは All Rights Reserved.