いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは

ゲームでのTOEIC学習が効果的:語学マスター

最初の就労先が専門商社だったのでTOEIC700点取らないと課長にはなれない規律がありました。
私は955点(99.3%)のスコアをもっていたから会社全員が受けたテストを免除されて、ちょっと複雑でした。
だって満点は990点だし。あと35点の壁をなんとかしたい、と長らく思っていました。
夫は500点欠けるくらいのスコアを大学院時代に出して、当時、一瞬お付き合いをやめようか、と思い廻ったくらいの語学マニアです。
さて、弟は米国に半年留学し、そのあとでバカロレアに合格し、フランスの国立大学に留学していたので、TOEICの点は700点ほどでした。
まあまあ、渋いかな、でも私はバカロレア合格難しいし、すごいヤツだと思っていました。

弟はゲームが好きな独身時代が長く、外資系の勤め先からTOEICのスコアを上げるよう指示されてから学習ソフトを買って、毎日飽きもせず繰り返しピコピコ遊んでいました。
そして3ヶ月で900点越え!姉としては心情は複雑でした。
「あっさりなんだ。。。」そうなんです!と私は声を大にしていいたい。結局のところ、語学をマスターするには、毎日相当な時間、夢中になって繰り返すしかない、と言うことなんです。
それにはゲームが最適だと思う次第です。
気がつけば2時間、3時間過ぎて行きますから。それも楽しみながらです。
アメリカの医学生はホキポキという歌と踊りに合わせて身体の筋肉、神経、部位の名前を覚えていました。
20年位前です。
随分とアナログですが、やっぱり楽しみながら身に着けることは素晴らしいことです。
さて、ゲームについては賛否両論ですが、私は、楽しみながら語学マスターできる、ゲーム業界に多大に期待をしています。
受講生の皆さん、楽しんで、TOEICのスコアを上げてくださいね!


Copyright(c) 2017 いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは All Rights Reserved.