いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは

いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは

英語の語学力検定として最近特に利用度の高いTOEICとは。

一昔前は英語の語学力検定方法と言えば、5級から1級までのランクで計る検定が主流でした。
私自身もこの検定は数回受験したことがあり、最終的には2級を取得。この同じ検定をもうじき息子も受ける予定です。
現在中三の息子が受験するのは3級。英語は得意科目の息子ですが、学校で習う英語とはやや異なる内容も混じっているので、油断は禁物、しっかり勉強して頑張ってほしいと思います。
さて、最近では同じ英語検定でもこの検定とは別の角度から語学力を判定する試験が盛んに利用されるようになってきました。
それはTOEICです。
この検定が前述の検定と最も違う点は合格・不合格で判定しないことでしょう。TOEICでは受験者のListening(聴く)とReading(読む)の能力を検定、その結果をListeningは5点?495点、Readingも5点?495点、トータル10点?990点のスコアとして算出します。
試験時間は約2時間で回答はマークシート方式での記入です。
TOEICは世界の100を超える国々で実施されており、そういう意味からもグローバルな検定だと言う事ができるでしょう。

TOEICのトータルスコアからわかるのは、受験した人が今現在どれくらいの英語によるコミュニケーション能力があるかということです。
これは日常生活における挨拶レベルから始まり、ビジネスシーンにおいても英語でどれくらい仕事をこなすことができるかを推し量れる一つの有力なものさしになるのです。
ですからこの検定のトータルスコアを伸ばすことは、すなわち仕事をする上でその人の大きな武器にもなり得ますね。
例えばTOEICスコアが会社が設けたある基準を超えていたとすれば、海外での仕事をする上で有利になる、というように。また、学生についても例えば推薦入学を希望する場合に、TOEICでのトータルスコアが優秀であればこれは大きな助けになるでしょう。このように様々なシーンで用いられているTOEIC。国内の3000を超える企業や官公庁、各学校で採用されているそうです。
検定方法を一つしか知らなかった私にはとても新鮮です。
もしかしたらいずれは息子もTOEICにチャレンジすることがあるかもしれません。


Copyright(c) 2017 いろいろな場面で利用度の高いTOEICとは All Rights Reserved.